SOUTHERN ANGKOR

アンコール・トムの南側の寺院群。

ANGKOR WAT

12世紀初期(1113年〜1150年)SURYAVARMAN Ⅱ ヒンドゥー教の宇宙観を完璧の表した建築。クメール建築の最高峰。

97 images

PHNOM BAKHENG

9世紀後半〜10世紀初期 YASOVARMANⅠ 第一次アンコール都城の中心寺院でバケン山頂にピラミッド型に造営された。初めて訪れた時は最重要軍事施設で山頂まで登れなかったが途中から見えたアンコールワットに感激した。

23 images

BAKSEI CHAMKRONG

948年(再建) RAJENDRAVARMAN Ⅱ 始めはハルシャヴァルマン1世が10世紀の初めに建立した。小さいながらとても趣のある寺院。

12 images

PRASAT BEI

10世紀 YASOVARMAN Ⅰ プノンバケンの周囲に多数建立された衛星寺院の一つ。レンガ造りの三塔形式で中央祠堂にはリンガ。

7 images

THMA BAY KEAK

10世紀 YASOVARMAN Ⅰ プノンバケンの周囲に多数建立された衛星寺院の一つ。レンガ造り。

8 images

TA PROHM KEL

1186年 JAYAVARMAN Ⅶ クメール帝国102カ所の施療院の一つ。小さな楼門とテラスをもっている。

5 images

PRASAT EINKOSEI(WAT AN KAU SAI)

10世紀(968年) JAYAVARMAN Ⅴ 乳海撹拌の彫刻の斬新さは一体何だろう。

9 images

WAT ATHAVEA

12世紀前半 SURYAVARMAN Ⅱ マイ寺院を小さくした様な形態。外部には彫刻がないが、内部には保存状態の良いアプサラが彫刻されている。西向き。

13 images

PHNOM KROM

9世紀末〜10世紀初期 YASOVARMAN Ⅰ アンコール三山は軍事基地のため見学には軍の許可証が必要だった。許可証をもらいトンレサップを見ながらの登山はとても楽しかった。

19 images