頭塔

奈良時代後期 頭塔は、方形基壇の上に方形七段の階段状土壇を築き、第一・三・五・七の奇数層 四面に各11基ずつ総数44基の石仏が整然と配置されていた
DSC 0341 DSC 0350 DSC 0336 DSC 0339
DSC 0346 DSC 0359 DSC 0364 DSC 0365
DSC 0371 DSC 0373 頭塔 頭塔001
頭塔004