沖縄

グスク

13世紀頃から本島各地に現れる按司の要塞として発展して来た。城内に御嶽や拝所を擁する。

109 images

首里城跡(グスク)

14世紀から1897年まで500年にわたり、琉球王国の政治、外港、文化の中心として栄華を誇る。

39 images

円覚寺跡

円覚寺は1494年に創建された沖縄における臨済宗の総本山。第二尚氏之菩提寺。

7 images

弁天堂

円鑑池の中央に弁財天堂が建っている。そこに架けられた橋が天女橋で勾欄は細粒砂岩で出来ており蓮の実が彫刻されている。

7 images

玉陵(世)

琉球王国を3世紀半にもわたって統治した第二尚氏の歴代の王を祀る墓。

15 images

識名園(世)

琉球王国家最大の別邸。外国からの賓客の接待などに使われた。

9 images

斎場御嶽(世)

琉球王国最高の聖地。歴代の国王から篤い尊崇を受けて来た。男子禁制の場所。

12 images

小禄墓

横穴を利用して作られた古式の墓。墓内の石厨子刻まれた銘文は沖縄最古の平仮名。

5 images

大城按司の墓

大城グスクの城主であった大城按司の墓。沖縄の墓の形式に属さない独特のスタイル。

3 images

摩文仁家の墓

尚貞王の時代に摂政を務めた大里朝亮はその功績が認められ墓を拝領した。

4 images

浜比嘉島

琉球開闢の神が降臨した島。

10 images

富盛のシーサー

沖縄県内最大、最古のシーサー。

5 images

大宜味村役場

大正14年に建てられた現存する沖縄で最古の鉄筋コンクリートの建造物。台風の風圧を軽減するため八角形の形状をしている。

7 images

屋部の久護家

1906年に建てられた。当時の豪農の住宅の様式がわかる。屋号がそのまま集落名になっている。

9 images

中村家(重)

19世紀初頭に建てられた豪農の住宅で、士族屋敷の形式に農家の形式が付随している。沖縄の住居建築の特色を全て備え持っている。

15 images

名護市役所(シーサー)

56体のシーサーに守護された独特な外観の建物。第33回日本建築学会作品賞受賞。「象設計集団」の設計。

12 images

ガンガラーの谷

鍾乳洞が崩壊して出来た谷間に川や森が広がる。

10 images